ベルタ葉酸サプリで先天性異常のリスクを回避していきましょう

ベルタ葉酸サプリをのむことで先天性異常になってしまうリスクを抑えることができます。少しでも先天性異常になる可能性を下げれるのであれば絶対にしておきたいですよね。
MENU

ベルタ葉酸サプリをのむことで先天性異常になるリスクを下げることができちゃいます。
これはとてもすごいことなので、もしも妊娠する可能性があるのに、ベルタ葉酸サプリを
飲んでいないのであれあ、今すぐにでも飲む必要があります。

 

しっかりとベルタ葉酸サプリを飲んでおけばもしもの時にも対応することができます。
ベルタ葉酸サプリはかなりよい葉酸サプリなのでもしも妊活中であれば必ず飲んでおきましょう。

 

妊娠期以外に限らず、野菜不足の方などには積極的に摂取したい葉酸
葉酸はホウレンソウなどの緑黄色野菜やレバーに多く含まれているビタミンB群の一種で、
ビタミンMとも呼ばれるものです。その主なはたらきは、「遺伝に関わるDNAやRNAなどの核酸を作る」「赤血球の合成」「糖とアミノ酸の代謝をサポートする」
「皮膚や口腔粘膜の強化」などがあげられます。

 

ベルタ葉酸サプリには鉄分も含まれていて、そのほかのミネラルやビタミンも多く含まれています。
かなり妊婦さんにとって嬉しい成分ばかりなので、妊娠したら必ず飲んでおきたいですね。

 

葉酸が欠乏すると、貧血になることが知られていますが、
近年注目されているのは赤ちゃんの健康です。葉酸は神経管の発達に関わっていて、
継続的に不足すると神経管閉鎖障害など深刻な先天異常を引き起こすリスクが高まることがわかっています。

 

私の場合は妊娠が発覚した日のうちにベルタ葉酸サプリを購入しました。
なぜかというと、今まで葉酸を全く気にしていなかった食事をしてきたからです。
もしそのせいで赤ちゃんが先天性異常になってしまったら自分を責め続けてしまいそうだったからです。
ベルタ葉酸サプリを購入してからはずっと飲み続けてしっかりと葉酸を補給していました。

 

神経管閉鎖障害は、妊娠7週目くらいまでの間に、脳や脊髄などの中枢神経のもとになる胎児の神経管に先天異常が起こるものです。
具体的には、脊椎の神経組織が骨に覆われていないため、神経組織が障害を起こし、
下肢のマヒや変形などを起こす<二分脊椎症>や、脳が作られない無脳症などが知られています。

 

やはりベルタ葉酸サプリをしっかりと飲んでいたのがよかったのか、
先天性異常になることはなく、しっかりと元気に生まれてきてくれました。
次の子を妊活するときにはもっとしっかりと妊娠する前からベルタ葉酸サプリを飲んでいこうと思います。
もちろんですが、今の子が授乳終わるまではベルタ葉酸サプリは飲み続けていきます。

 

こうした障害のリスクの大部分は葉酸を摂ることで減らせると見られています。
また、葉酸不足は貧血の原因になるので、妊娠期以外に限らず、野菜不足の方などには積極的に摂取したいところです。
さらに、認知症との関係も明らかになりつつあるようで、注目度がアップしています。

 

ベルタ葉酸サプリであれば、手軽に養蚕と他の必要になってくる栄養素を補給できちゃいます。
それなのに味やニオイが強くないので本当に助かっています。
こんなにもすごいサプリメントであれば、もっと早くからベルタ葉酸サプリを飲んでおけばよかったです。

このページの先頭へ